横浜ルミネ西口にて、横浜育ちのカーネーションをいけるワークショップ

昨年の12月より毎月第2土曜日は
横浜ルミネにて、横浜育ちの花木をいける
ワークショップを開催してまいりました。

IMG_4855

 

 

 

 

 

 

母の日前日の9日は、
横浜ルミネ西口にて、
和幸園芸さんのカーネーションをいけるワークショップを
開催しました。

IMG_4850

 

 

 

 

カップル、お父さんとお子さんでなど様々なかたちでワークショップにご参加頂きました。
また入院中のお母様へのプレゼントなど。今日はたくさんの皆様のお母さんへの感謝の気持ちに触れるを時間を過ごさせて頂きました。

こちらのワークショップは
一旦、本日が最終回。
6月以降はかたちを新たに、、!です。

横浜の切花農家さん、横浜市さん、横浜ルミネさんなどなど、たくさんの方々にお世話になりました。

そしてこれからがとても楽しみ!

『フラワードリーム2015』@東京国際展示場 へ

東京国際展示場にて開催されたイベント
『フラワードリーム』に4月12日(日)、行ってまいりました。

会場内はいけばな、アレンジメントの展示・・
日本の花市場の代表格”大田市場花き部”や”フラワーオークションジャパン”が
切花、鉢物などを展示・販売。
花き関連メーカ、商社等のブース等々。。
花づくしの会場内。

写真

日曜日の閉幕直前には、展示されていたお花で
”競り”を体験できる一幕も。

今回私が訪れて一番印象的だったのは・・・
l高校生の公開いけばなコンクール「Ikenobo 花の甲子園」2014年度で、
全国大会最優秀校に輝いた秋田県立横手城南高等学校の3名が
当日も制限時間内で舞台の上でお花をいけていました。

いけている時の立ち居振る舞い、終了した後のプレゼンテーション・・
とても感慨深いものがございました。

 

横浜西口ルミネさんにて、 「切花農家さんのトークショー&いけばな教室」を 開催しました

2015年3月14日(土)ホワイトデー当日に
毎月恒例になりつつある
横浜西口ルミネさんにて、
「切花農家さんのトークショー&いけばな教室」を開催しました。

RDWeO5P22Es2L-S3IcgFC5oxzXh_HOiABxodcjPbxsU

 

 

 

 

 

 

今回ももちろんテーマは”横浜育ちの花木”なのですが、
毎回、少しずつ新しいチャレンジをして、花木の持つ魅力を伝えていきたいと思っております。

kONkGWsiwCGCuSTw71D5SGD9CSbkA3nXIE9xcskyGkc

 

 

 

 

 

・・3月14日(土)は横浜泉区で切花を作られている
和幸園芸・安西さんにイベント会場にお越し頂き、
どんなふうに、どんな気持ちで切花を作られているのかを
語って頂くトークショーを開催しました。

eViGKx9--3q8zbOtYIOBuS0QpLwbTOl0gFxJDMKO4F0

 

 

 

 

 

安西さんがお話を始められるとなんだか会場の雰囲気が変わり、
足を止めて聞いて下さる方も多く・・。

15分の予定が、質問、質問、質問・・・!

なかなか切花がどのように作られ私たちの手元に届ているのか
知らないのが現状。

作り手のお話を聞くとなおさら
目の前にある花木がいとおしく、大切に、
そして少しでも長く愉しみたい・・と思える。

今後もこのような機会を創り出していきたいと改めて思いました。

まだまだ色々とチャレンジしたいことがたくさんある!
そう思っった大切な時間でした。

 

 

 

 

南三陸・小野花匠園の菊農家さんを尋ねてきました

11月22日(土)宮城県志津川の
南三陸・小野花匠園さんを訪ねてきました。
http://onokashouen.com/

小野花匠園さんは、
お父様の代から兼業農家を営まれています。

何棟のもハウスそして路地で
約20種類以上の菊を栽培し、通年出荷されています。

IMG_3889

今回はいつもお世話になっている方のご紹介により
訪問が実現しました。

小野さんは、
以前はJA→市場に出荷されていたそうですが、
現在は小野さんが自ら営業開拓した
県内のスーパーやコンビニに菊や菊+αの花束を
出荷されています。

畑をどんどん増やし、
雇用を増やしていきたいとお考え。
年齢層も幅が広く、若い方から年配の方まで。
正社員を含めて約20名が働かれています。

————–

「菊」というとどうしても仏花のイメージを抱かれますが、
他のお花との取り合わせ、いけかたによって、
また全然違う表情をみせます。

③

 

 

 

 

 

 

↑は以前、
HANAのけ~たりんぐでいけた時の写真。
黄色のお花は菊です。

現在では、結婚式などでもたくさんいけられるように
なってきています。

様々な豊かな表情を持つ、菊。

IMG_3890

実際に生産されている小野さんのお話を聞き、
とても充実した時間を過ごすことができました!

近いうちに、
小野さんの菊をいける会をできたらと思っております。

IMG_3886

花卉業界の様々な取り組み

どの業界にも1年に1回程は
大きな展示会というのがあるかと思います。
花卉業界も「国際フラワーEXPO」という展示会があります。

今年は10月15日(水)~17日(金)までの3日間
幕張メッセで、「国際ガーデンEXPO」や
「国際道工具・作業用品EXPO」と並んで
開催されていました。

国際フラワーEXPOには、
花卉が消費者に届くまでに関わる一連の関係
企業、行政、団体などが勢揃い。

育種企業、切り花/園芸の生産者さん、
切り花をパッケージ化して出荷する機械製造会社さん等々・・。

東京ドームの2.6倍あるという会場。
どのブースもとても興味深く、
あちこちのブースに立ち寄り
話を聞きながら、とても有意義な時間を過ごしました。

今回は先日お世話になった
青森のりんご農家さん赤石さん達が
「GREEN あっぷる」というブースを出展されていました。
赤石さんのHP:http://hirosaki-ringo.com/

展示会

 

 

 

 

 

 

 

今までは食用のりんごを作られてきたりんご農家さんが
なぜフラワーEXPOに・・??
甘い美味しい食用のりんごを作り出すために
間引きをします。
その間引きした小さなりんごを、いける/アレンジメントに
いかせないか・・を考えつかれて初出展されました。
※詳しくは別のブログにて!

ご飯をご一緒させて頂き、
姫りんごのお土産まで頂戴しちゃいました!

IMG_3648

 

 

 

IMG_3655

 

 

 

 

———–

お教室やイベントを開催していると、
「先日かったお花がすぐに枯れてしまった・・・」
「残念なお花にあたるとすぐに枯れちゃうから・・買わなくなった・・」という
寂しいお声も耳にします。

花卉大国・オランダでは、
日持ち保障制度の構築などが進んでいます。

IMG_3660

 

 

 

 

 

 

日本も数年前から農水省を中心に有識者が集い、
日持ち制度保障等々の検討がされてきました。

そしてつい先日、
2014年10月15日『日持ち性向上対策「品質管理認証の要件」』が定まりました。

一言で言うならば、
生産、流通、小売り、一丸となって
お花の日持ちを向上させていこうという取り組み。
(各段階でお花を日持ちさせるために「何をするべきか」が記載されており、
点数化できる仕組みです)

IMG_3661

 

 

 

 

 

その取り組みに関するブースなども出展されていたりと
花卉業界に関する取り組みを垣間見ることができるひとときでした。

買ったら少しでも長くそのお花を楽しむことができるように
これから花卉業界として前進していくことと思います。

———–

日本各地から花の生産者さんも出展されていて・・。
いけてみたいお花、実際に訪れてみたい土地を
たくさんみつけました。

お教室やイベントで随時、
ご紹介していきたいと思っています。

IMG_3656

 

 

 

 

 

 

青空と梅、春を感じる

春告げ草という別名を持つ「梅」。

写真

神奈川県・戸塚区のかねこふぁ~むさんが主催する
「ふぁ~む梅塾」に参加させて頂きました。
http://www1.c3-net.ne.jp/kaneko-farm/

観賞用としての美の追求ではなく、
いかに良質な梅の実を育てるかという視点で剪定。
実がなった時にどこが日陰となってしまうのか、と
次の季節をイメージしての剪定。
また、どこを残すことで栄養である水をくまなく運ぼうとして
成長が促されるのか・・等々。

梅のことをそして自然のことを深く知らないと
出来ないこと・・

2時間あまりでしたが、実際に花木が育っている土地で
季節を感じることができ、とても良い時間を過ごさせて頂きました。

3月16日(土)のイベントでも、かねこふぁ~むさんの
お花をいけさせて頂こうと思っています!