KITTEで、横浜をPR

東京駅近くのKITTEにて、
横浜市様主催のイベントで、
横浜産の切り花を用いたワークショップを開催する機会を頂きました。

2017年3月25日から
第33回全国都市緑化よこはまフェアが
開催されることを受けて
6ヶ月前の事前PRとして
イベントが開催されました。

横浜のロイヤルパークホテルさんの
横浜にちなんだケーキや
横浜産のお野菜の販売など、
東京駅を通る方々に対して横浜の魅力をPR。

東京駅近くということで、
新幹線で名古屋に帰る方や兵庫から
遊びにきたという方など、
遠方の方々のご参加もあり、楽しい時間を過ごせました!
素敵な機会を頂いたことに感謝です。

 

横浜ルミネ西口にて、横浜育ちのカーネーションをいけるワークショップ

昨年の12月より毎月第2土曜日は
横浜ルミネにて、横浜育ちの花木をいける
ワークショップを開催してまいりました。

IMG_4855

 

 

 

 

 

 

母の日前日の9日は、
横浜ルミネ西口にて、
和幸園芸さんのカーネーションをいけるワークショップを
開催しました。

IMG_4850

 

 

 

 

カップル、お父さんとお子さんでなど様々なかたちでワークショップにご参加頂きました。
また入院中のお母様へのプレゼントなど。今日はたくさんの皆様のお母さんへの感謝の気持ちに触れるを時間を過ごさせて頂きました。

こちらのワークショップは
一旦、本日が最終回。
6月以降はかたちを新たに、、!です。

横浜の切花農家さん、横浜市さん、横浜ルミネさんなどなど、たくさんの方々にお世話になりました。

そしてこれからがとても楽しみ!

横浜西口ルミネさんにて、 「切花農家さんのトークショー&いけばな教室」を 開催しました

2015年3月14日(土)ホワイトデー当日に
毎月恒例になりつつある
横浜西口ルミネさんにて、
「切花農家さんのトークショー&いけばな教室」を開催しました。

RDWeO5P22Es2L-S3IcgFC5oxzXh_HOiABxodcjPbxsU

 

 

 

 

 

 

今回ももちろんテーマは”横浜育ちの花木”なのですが、
毎回、少しずつ新しいチャレンジをして、花木の持つ魅力を伝えていきたいと思っております。

kONkGWsiwCGCuSTw71D5SGD9CSbkA3nXIE9xcskyGkc

 

 

 

 

 

・・3月14日(土)は横浜泉区で切花を作られている
和幸園芸・安西さんにイベント会場にお越し頂き、
どんなふうに、どんな気持ちで切花を作られているのかを
語って頂くトークショーを開催しました。

eViGKx9--3q8zbOtYIOBuS0QpLwbTOl0gFxJDMKO4F0

 

 

 

 

 

安西さんがお話を始められるとなんだか会場の雰囲気が変わり、
足を止めて聞いて下さる方も多く・・。

15分の予定が、質問、質問、質問・・・!

なかなか切花がどのように作られ私たちの手元に届ているのか
知らないのが現状。

作り手のお話を聞くとなおさら
目の前にある花木がいとおしく、大切に、
そして少しでも長く愉しみたい・・と思える。

今後もこのような機会を創り出していきたいと改めて思いました。

まだまだ色々とチャレンジしたいことがたくさんある!
そう思っった大切な時間でした。

 

 

 

 

ルミネ横浜西口店様にて『横浜の花木をいけて、たのしむ。』を開催しました

バレンタインデー当日、2月14日(土)
横浜ルミネ西口店様にて、
『横浜の花木をいけて、たのしむ。 』を開催しました。

IMG_4412

 

 

 

 

 

 

今回は横浜育ちの花木をいけるワークショップ以外に
初の試みとして、対面でいわゆる規格外と呼ばれる
お花の販売にも挑戦しました。

これは私が今年ぜひ取り組みたい!と考えていた一つ。
その一歩を踏み出すことができました。

”花木”も、お野菜などと同じようにいわゆる規格外、B級品と
仕分けられてしまうものがあります。

今から約2年程前。
切花農家さんの畑をお尋ねした時に、
いわゆる規格外とよばれるお花があることを恥ずかしながら、
その時に知りました。

規格外と呼ばれる花木の中にも美しさ、個性があり
それを大切にできないか。

——————————————————
カーネーションの規格外の一例はこんな感じです。

写真左。1本に5つの蕾/花のもの:○(ちゃんと市場へ)
写真右。1本から3つの蕾/花のもの:規格外(こちらは近くの産直などに安値で。)

IMG_4387

 

 

 

 

こちらは、”色まじり”。
1本から違う色のものが出てきてしまっているため、
規格外。

IMG_4381

 

 

 

 

 

※規格外を市場に出さない理由は
様々なやビジネス判断、方針等々ございますので・・。
詳細はこちらででは控えさせて頂きます。

———————————————————

ただそれと同時に
もう一つ大切にしたいのは・・・
厳しい基準をクリアーしたものだけを、
農家さんたちは市場に出され、価格が決まり、
そして世界観、ブランドが創り出されています。

単に規格外で安くして、
販売するというのには、違和感がある・・
ずっとそう思っていました。

規格外とよばれるものも
何か”規格外”とよばれる所以なのかを明確にし、
違いを知り、愉しみ、選択し、購入する。
そんな流れを作り出せないか・・

そんな取組を今後も
追究していきたいと思っています。

次回は3月14日(土)の予定です。

2月のお教室/イベントのご案内

2月のお教室/イベントの
スケジュールをご案内させて頂きます。

【1】2月21日(土) 10:30~12:00:
「『一度はいけてみたい日本の花木』<梅> ~いけて、愛でる~」

日本に現存する最古の和歌集『万葉集』。
そこに多く詠まれているのが梅の花。
実は桜は約40首、梅は約100首。

そこからもわかるように、
古くから「梅」は人々にとって身近に感じられ
そして愛される花でした。

花もちはいいのですが、
お花屋さんで長い期間、目にすることができない梅。

春を代表する梅をいけて、
愉しむひとときを過ごしたいと思います。

<概要>
■日時:2015年2月21日(土)10:30~12:00
■場所:銀座beez (東京都中央区銀座2丁目4?19)
■会費:3,750円 ※いけたお花はお持ち帰り頂けます。
■お申込:motomi.yamane@gmail.com までご一報ください。

—————————————————————–

【2】2月21日(土) 14:30~16:00
「古民家・寿司屋 酢飯屋さんで愉しむ:春の足音 桃の節句を待つ~桃をいける」

桃の節句が近づくと目にする
桃の花、お雛様、ひなあられ、菱餅・・。
なんだか急に春が近くなったような気がします。

一年の節目の日のことをさす節句は年5回あり、
お雛祭りで知られる桃の節句、3月3日もその一つ。

今回はそんな桃の節句を紐どき原点に想いを馳せながら、
春の足音が聞こえはじめるこの時季に
桃の花をいけ、愉しみます。

<概要>
■日時:2015年2月21日(土) 14:30~16:00
■場所:寿司・酢飯屋『suido cafe』 文京区水道2-6-6      
※地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分
■会費:3,500円(税込み)+別途1ドリンクオーダー制
    ※いけたお花はお持ち帰り頂けます。

■お申込:詳細・お申込は以下からお願い致します。
http://www.sumeshiya.com/cafe/2015/post-7.html

【3】花木をいける
忙しく過ごす日々。
有意義で、充実感もあるけれど・・・。
1カ月に1回くらいは静かに、心を落ち着けて、喧騒から離れ、
無心に過ごす時間があっても良いはず。
お一人お一人のペースに合わせてすすめていきます。

花材、器は
その時季を感じて頂けるものをご用意します。

花留も給水スポンジ、剣山、七宝、
お好きなものをお選びいただけます。

「今日はお稽古の後、夜まで外だから・・」という時は、
お水の心配がいらない給水スポンジを・・等々。

毎週、お稽古に通うのは難しいけれど、
1カ月に1回なら!そんな方に少しでも通いやすいかたちを
追究していきたいと思っています。

【開催概要】
■日時:2月28日(土) 9:30~12:30
※お好きな時間にお越し下さい(最終入室11:45)
※定例・第4土曜日午前中に開催  9:30~12:30
■場所:東京都千代田区神田神保町2-4-3殖栗ビル2F Books ON JAPAN
■持ち物:特にございません。はさみ、うつわ、花留等はお貸し出し致します。
■金額:単発 5,500円、3回チケット 15,000円(※6カ月以内有効)
■お申込:motomi.yamane@gmail.com までご一報ください。

———————————————————-

<イベントのご案内>
2月14日(土)横浜ルミネ西口にて、
『横浜の花木をいけて、たのしむ。 ~フラワーギフト作りを気軽に体験~』を
開催いたします。詳細は以下からご覧くださいませ。
https://www.facebook.com/events/630053680457811/?ref_newsfeed_story_type=regular&source=1

横浜ルミネ様にて 「クリスマスを彩る!横浜育ちの花をいける」を開催しました

クリスマスで街が賑わう12月13日(土)横浜ルミネ様にて、
クリスマスのフラワーワークショップ「クリスマスを彩る!横浜育ちの花をいける」を開催いたしました。

10849929_715660521862505_8125188506564330143_n

「横浜」は多くの観光名所がありますが、
実は多く農産物や花卉の生産者さんがいらっしゃいます!
小松菜は日本1位、シクラメンやパンジー(鉢物)も全国トップクラス。

今回は切花を生産されている和幸園芸・安西さんのお花を
参加者の皆さまに実際にいけて頂きました!

イベントの当日、安西さんが会場までお花を運んで下さり・・
最初の会は家族揃って見学してくださいました。

10550972_715660495195841_4392546369075708048_n 10347556_715660508529173_4258616578668579986_n

カーネーション、ストック、ユーカリ。
色や形はもちろんのこと、同じ種類・色でも一本一本
じっくりみるとその美しさは異なります!

参加者の方に実際に手にとり、
ご自身がいけたいお花を選んでいただくとろからイベントをスタート。

1911750_715660538529170_4002885948908176422_n

様々な年齢層の方々と時間をご一緒できて
とても愉しいひとときでした。

 

年内のイベント/お教室のスケジュールについて

今年もいよいよ、
あと約2カ月弱。

陽もどんどん短くなり・・。
冬だなーと感じる今日この頃です。
11月は菊まつりや紅葉ライトアップなどなど。
花木を感じる機会が多い時季になってまいりました。

年内のお教室/イベントのスケジュールは
以下の通りです。

【11月】
24日(祝・月) 『ご当地食器で花をいけ食事を愉しむ 〜青森県津軽金山焼〜』
          @銀座 ART FOR THOUGHT  11:00~15:00
           ※FBをなさっている方はこちらから

30日(日)     『花木をいける』

                            @神保町  9:30~13:00  ※好きな時間にお越しください

【12月】
6日(土)   『IKERU~古の日本人の花木の愉しみ方』
           @都内  10:30~12:00

13日(土)  『横浜の花でいけるクリスマス』
                            @横浜ルミネマルシェ ※時間は決まり次第、ご連絡します。

20日(土)  「『一度はいけてみたい』日本を代表する花木~いけて、愛でる。」
                           @beez銀座 10:30~12:00
            ※2015年以降は第2土曜日の14:00~毎月開催となります。こちらから

21日(日)  『日本の季節行事に思いを馳せていける花木』
           @寿司・酢飯屋 10:00~12:00

※詳細は以下からご確認ください。準備中の箇所もございますことご了承ください。
http://hana-ike.net/ikeruwomanabu/private/

※お問い合わせ、お申込みは以下までお願い致します。
info@hana-ike.net

12月14日スローフードスローフラワーを開催しました

恒例となりました『スローフード、スローフラワーin横浜』。
今回は12月ということでテーマは「クリスマスからお正月への
移り変わりを楽しむ」でした。

images

 

 

 

 

 

今の時期、生垣を彩り始める椿と山茶花。
(かねこふぁ~むさんから)

そして春の訪れを知らせる菜の花やストックを。
(和幸園芸さんから)

ストック

 

 

 

 

 

どちらも横浜の花木の生産者さんです。

次回は2月の開催予定です。
どんな横浜のお花が登場するかお楽しみに!

横浜・伊勢佐木町でワークショップを開催しました

11月21日(木)19:30~横浜・伊勢佐木町の“クロスストリート”にて
花と食のワークショップを『伊勢佐木町をつなぐ女性の会』さんからお話を頂き
開催させて頂きました。

 会場である“クロスストリート”は、
歌手グループである『ゆず』さんが名付け親とのこと。
デビュー前にこの地域で路上ライブをされていたようです!

クロスストリート

 

 

 

 

 

会場2

 

 

 

 

 

 

当日は16名の方々がご参加下さいました。
最後は本当に皆さん、素敵な美しいお花をいけられて
私自身とても楽しませて頂きました。

様子

 

 

 

 

 

 

同じ花材と花器でいけられても、やっぱり
全然違うものができあがります!

このような機会をくださりありがとうございました。