恒例、2月のお教室を開催しました

2月21日(土)、
10:30~は「『一度はいけてみたい日本の花木』<梅> ~いけて、愛でる~」を
銀座beezさんにて。

14:30~は「古民家・寿司屋 酢飯屋さんで愉しむ:春の足音 桃の節句を待つ~桃をいける」を
開催しました。

D_tNbkWtzzRU8sIKjMDVlDmAqb112Z8sTZMV3aumn3Q

 

 

 

 

 

古民家・寿司屋 酢飯屋さんで愉しむ~「冬に遊ぶ – 椿をいける」を開催しました。

2015年1月24日(土)14:30~16:00まで、
酢飯屋さん(文京区水道)にて、
「冬に遊ぶ~椿をいける」を開催しました。

IMG_4216

 

 

 

 

 

今回の花材は、
椿、菜の花、スプレーマムの3種類。

冒頭の自己紹介から始まり、
いけばなの原点や今の時季、
椿について触れつつ・・・。

IMG_4214

実際にいけて、愛でるという90分。

みなさん、とっても真剣に花木に向き合われ、
そしていけ終わった後には、
他の方のお花も愛でられていました。

IMG_4215

 

 

 

 

 

お茶や写真撮影も愉しまれ、私自身とても
楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

こちらのお教室/イベントは、
次回は2月21日(土)14;30~開催予定です!

年内のイベント/お教室のスケジュールについて

今年もいよいよ、
あと約2カ月弱。

陽もどんどん短くなり・・。
冬だなーと感じる今日この頃です。
11月は菊まつりや紅葉ライトアップなどなど。
花木を感じる機会が多い時季になってまいりました。

年内のお教室/イベントのスケジュールは
以下の通りです。

【11月】
24日(祝・月) 『ご当地食器で花をいけ食事を愉しむ 〜青森県津軽金山焼〜』
          @銀座 ART FOR THOUGHT  11:00~15:00
           ※FBをなさっている方はこちらから

30日(日)     『花木をいける』

                            @神保町  9:30~13:00  ※好きな時間にお越しください

【12月】
6日(土)   『IKERU~古の日本人の花木の愉しみ方』
           @都内  10:30~12:00

13日(土)  『横浜の花でいけるクリスマス』
                            @横浜ルミネマルシェ ※時間は決まり次第、ご連絡します。

20日(土)  「『一度はいけてみたい』日本を代表する花木~いけて、愛でる。」
                           @beez銀座 10:30~12:00
            ※2015年以降は第2土曜日の14:00~毎月開催となります。こちらから

21日(日)  『日本の季節行事に思いを馳せていける花木』
           @寿司・酢飯屋 10:00~12:00

※詳細は以下からご確認ください。準備中の箇所もございますことご了承ください。
http://hana-ike.net/ikeruwomanabu/private/

※お問い合わせ、お申込みは以下までお願い致します。
info@hana-ike.net

”たの四季会”を開催しました

 

4月29日(祝・火)に
大田黒公園の茶室にて、うぐいすの声を聞きながら、
たの四季会を開催いたしました。

大田黒公園は、都内の公園の中でも大好きな公園の1つです。
このまっすぐに伸びる入り口。
そして茶室から眺めることのできる景色・・。
IMG_2604

IMG_2606

 

 

 

 

 

花留でよく知られているものは”剣山”かと思いますが、
今回は”七宝”と呼ばれるものでいけました。
※下の写真の右下のものが”七宝”です。

4_qdid_vInQzghKTxsmDgHi5eV2XySuPkosS3j0Bm3U

 

 

 

そしてそんな中で・・今回のお花は・・
今の時季しか出回らない”都わすれ”。
名前の美しさもさることながら、可憐な美しい紫の
お花です。

IMG_2610

 

 

 

 

 

そして”すずらん”。5月1日はすずらんの日。

IMG_2622

 

 

 

 

 

花菖蒲。
5月5日のこどもの日を意識して・・

IMG_2626

 

 

 

 

 

 

梅香空木。
梅の花に似た枝モノです。
日本人が昔から梅の花を愛でていた・・
だからこそ梅の季節は終わっても梅に似た花を見て
このような名前をつけたのです。。

IMG_2636

 

 

 

 

 

 

そしてそして、皆さんがいけられたお花。
ちょっとだけ・・ご紹介。。
IMG_2656 IMG_2662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても楽しいひとときを過ごさせて頂きました。

このようなかたちでの
お稽古をご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

晩春を感じながら、お花をいける

クチナシの香りとアジサイの花が咲き始めた
今日この頃・・。

晩春を惜しみつつ、次の夏という季節に
思いを馳せることができる時季。
ということで今回は日本酒バー公界さんで
「たの四季会」をしました!

まずは、日本酒の香りを楽しみ、飲んで、
気分を解放して・・。
9365_196982183785743_1985035703_n

 

 

 

 

そして、お花をいける。。
579265_196982187119076_1574920484_n

 

 

 

 

 

 

 

今回の花木を少々、ご紹介。

・雲竜柳(うんりゅうやなぎ):くねくねとした曲線が雲の中をいく“龍”のよう。ということからこの名前に。この表情がある枝、一本だけでも自宅にあると、雰囲気が変わります!

・梅花空木(ばいかうつぎ):梅の花に似ていることから“梅花”と名付けられ、茎の中が空洞になっているため“空木”。昔は“お花見”と言えば、桜ではなく梅を楽しんでいました。それだけ日本人にとって身近で春を告げる花だったのです。だからこそ似ている花を見ると、その名前を付けたのではないでしょうか。

・黄素馨(きそけい):今の時季、お花屋さんに行くと見かける枝。別名「黄色梅もどき」。こちらも梅のような花が咲きます。

・芍薬(しゃくやく):中国の宋代から育種が始まり、日本では江戸時代には「茶花」として鑑賞され品種改良も盛んに行われました。名前の通り、根は「生薬」として使われています。

942056_196981797119115_987083807_n

 

 

 

 

 

 

「たの四季会」は春、夏、秋、冬の年4回開催を考えいましたが・・
季節を存分に楽しめればと思い、次回は2か月以内に
また開催する予定です!決まり次第、またご連絡させて頂きます!

しとしと雨の中、日本家屋で、お花をいける

4月21(日)『鶯の会』と題し、お花の会を致しました。

あいにくの雨。。と思ったのですが・・。
ちょうど4月20日(土)から二十四節気では、
「穀雨」(田畑の準備が整い、それに合わせて降る雨のこと)。
これも恵みの雨なんだ!と思うとまた違った見方ができるから不思議です。

日本家屋に雨のあたる音に情緒を感じつつ・・。
床の間に掛け軸を飾り、お花をちょこんと。お出迎えの準備。

床の間に掛け軸とお花

 再来週は、五月の節句。ということで、「花菖蒲」も取り入れつつ、
「つつじ」「孔雀草」「利休草」。

今日いける花木

歓談しつつ、生け花の説明をしつつ、皆でお花をいけて、
お抹茶とお菓子を頂いて・・。
あっという間の約4時間。

集中

作品

日曜日の昼下がり、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。

和室でじっくり、ゆっくり、お花をいけました

桜も散りつつある3月の最終日、
春をぞんぶんに愉しもうと、杉並区の柏の宮公園の茶室林丘亭で
お花の会をしました。

和室が2つあるという贅沢な空間。
一つのお部屋は集中していける空間に、
もう一つはいけたお花を床の間に飾り、お茶とお菓子をぱくぱく頂きながら
愉しむ空間に、しました。

523384_443758002379758_603236973_n

 

 

 

 

 

 

 

 

いけたお花は、
和紙の原料みつまた、そして今が旬の山吹、カラー、マーガレット。

そして床の間には、散りつつある桜を存分に愉しもうと
桜の掛け軸を飾りました。

山吹を見た俳人の方が、大田道灌と山吹の話をして下さり、
“知っていること“”つなげること“で
より深く味わうことができる、楽しさを
改めて感じました。

こうやって色々な方が参加して下さり、お話をする中で、
自分自身が“花をいける”ことの楽しさを再認識できていることに
感謝、感謝です。