和室でじっくり、ゆっくり、お花をいけました



桜も散りつつある3月の最終日、
春をぞんぶんに愉しもうと、杉並区の柏の宮公園の茶室林丘亭で
お花の会をしました。

和室が2つあるという贅沢な空間。
一つのお部屋は集中していける空間に、
もう一つはいけたお花を床の間に飾り、お茶とお菓子をぱくぱく頂きながら
愉しむ空間に、しました。

523384_443758002379758_603236973_n

 

 

 

 

 

 

 

 

いけたお花は、
和紙の原料みつまた、そして今が旬の山吹、カラー、マーガレット。

そして床の間には、散りつつある桜を存分に愉しもうと
桜の掛け軸を飾りました。

山吹を見た俳人の方が、大田道灌と山吹の話をして下さり、
“知っていること“”つなげること“で
より深く味わうことができる、楽しさを
改めて感じました。

こうやって色々な方が参加して下さり、お話をする中で、
自分自身が“花をいける”ことの楽しさを再認識できていることに
感謝、感謝です。